Think Aloud
日記がわりに日々思ったことなどを...
About

Author : Ken
 2002年に大阪から名古屋へ移住
 仕事も趣味も音楽関係...



Recent Entries

  • 音色拡張 (01/20)
  • 6カ月... (01/19)
  • 屋根裏/作業台 (07/05)
  • びっくり箱 (06/21)
  • 屋根裏/机 (06/20)
  • ティータイム (06/16)
  • 屋根裏/机 (06/15)
  • 屋根裏/塗装 (06/14)
  • ぴあの 大地に立つ (06/12)
  • 屋根裏改装 (06/11)



Recent Comments



Seach



Test Title
テスト表示
 :
 :
 :
 :
 :
ここまで



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【--/--/-- --:--】



Humbucking P.U.
ギターを弾き始めて以来ずっとストラト一辺倒だったこともあり、特にピックアップに関して反応も鈍くてレンジも狭く、ベールが何枚もかかったようなクセのある音質が苦手でハムバッカータイプのピックアップは敬遠気味でした。

あの独特の弾き易さは充分に魅力的だし、ある種の歪み系音色は使えるかなぁとは思うものの、もともと中音域が異様に持ち上がっていて音域が狭いだけに適応力のなさみたいなものが気になっていて..。

が、このあいだギター数本を引っ張り出して掃除をしていた時にふと何気なくアンプにつないで弾いてみたところ、何故か今まで抱いていたイメージと違う雰囲気を感じたのです。
それ以来、少しの間ストラトの方を封印してみようと思い立ち、現在色々とセッティングを模索中です。

↓ 様々な歪み系と組み合わせてテスト..



きっと以前はあの音質を使って出したい音のイメージが自分の頭の中に鳴っていなかったんでしょうね。

↓ SH-2b & SH-11



色々と試した中でブリッジ用に「Seymour Duncan SH-11」、ネック用には同じく「SH-2b(バランスを取るためにあえてブリッジ用)」というのがお気に入り。
クリーンな状態での出音はブリッジポジションは暗くくすんだ感じ、ネックポジションの方がブライトというちょっと邪道っぽいセッティングです。
ストラトのハーフトーンを意識しつつ2つのピックアップの間隔をやや狭めにとった上、外側/内側のコイルのパラレル接続によるハーフトーンが出るようにしてあるので軽めのクランチ系の音にも対応できます。



【2007/10/01 21:48】




この記事に対するコメント
あれ~、「職人さん」してはりますねぇ!このギターの音、聴いてみたいです!

是非、UPを!!

【2007/10/30 12:03】 URL | きよっさん #- [ 編集]

短いサンプルでよければ時間があれば録ってみようかなぁ?

そういや例の「きよっさんモデル」もそろそろもう20年もの、ちょっとしたヴィンテージだよねぇ。確かアルダーボディにDuncanのHot RailとFull Shred...今でもザクザクと鳴ってますか?

しかし、ピックアップの選択に時代を感じるなぁ(笑)。

【2007/11/08 13:06】 URL | Ken #7nbaRO8g [ 編集]

ハイ!今もザクザク鳴ってます。このザクザクが心地よいですよ~。

Full Shredも「歪みだけ」に関して言えば、いいピックアップだと思うのです。
(オールマイティーにしようと思えば、ギターそのものを取り替えるべきですね。)

まぁ、また今度、来阪されたときに、触って音も聴いてやってください。

【2007/11/20 22:45】 URL | きよっさん #- [ 編集]













管理者にだけ表示を許可する




この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ken2006.blog61.fc2.com/tb.php/56-c011bbf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)







09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Categories



Archives



Links

このブログをリンクに追加する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。