Think Aloud
日記がわりに日々思ったことなどを...
About

Author : Ken
 2002年に大阪から名古屋へ移住
 仕事も趣味も音楽関係...



Recent Entries

  • 音色拡張 (01/20)
  • 6カ月... (01/19)
  • 屋根裏/作業台 (07/05)
  • びっくり箱 (06/21)
  • 屋根裏/机 (06/20)
  • ティータイム (06/16)
  • 屋根裏/机 (06/15)
  • 屋根裏/塗装 (06/14)
  • ぴあの 大地に立つ (06/12)
  • 屋根裏改装 (06/11)



Recent Comments



Seach



Test Title
テスト表示
 :
 :
 :
 :
 :
ここまで



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【--/--/-- --:--】



修理


最近、愛用のアナログエコー「AE-5」の調子が良くない..。
改めてチェックしてみたところ、ポットのガリやジャックの接触不良が結構ひどい。
少し時間があったので全てバラしてみると基盤自体はコンデンサの液漏れ等もなくきれいだったので、多少酸化していた接点の洗浄をし、半固定抵抗を少し調整して終了!

デジタルにはデジタルならではの良さがあるので個人的に絶対的にアナログ!みたいな感覚はないのですが(実際、基本的にいつも繋がってるのはデジタルのUD-Stompだし..)それでもギターを弾き始めた頃からアナログディレイの音に慣れきっているせいか、弾くといつも「自然さで言えばやっぱこれだよなぁ..。」という安心感もあって、ついつい何時間も弾かされてしまいます(この「ふと気がつけば長い時間弾いてしまっている..」って感覚が自分にとって良い楽器、良い機材のポイントだという気がします)。



で、そんなことを考えてるうちにふと疑問が..

もしデジタルの音しか聴かずに育ったとしたらその人にはアナログの音って逆に不自然に聴こえたりするんだろうか?
アナログレコードの音質よりもCDの方が「自然」だったり、少し楽器的な話だとアナログディレイだとコモった音質のリピート音が原音にまとわりついてくる..みたいなイメージで聴こえたりとか、テープエコーだとリピート音の音程が微妙に揺れてるのが無意識的にわかって気持ち悪い..とかならないのだろうか?

ちなみに今周りを見渡したところ、現在の使用楽器でデジタル機材はクリーン用のプリアンプ「Roland GS-6」と前述の「YAMAHA UD-stomp」の2つ、どちらもかなり気に入って愛用しています。
結局のところ、偏見で優劣を判断するのは論外として、出音が使用者のイメージに合致するかしないか..ですよね、楽器関係は。



【2007/05/17 22:15】




この記事に対するコメント












管理者にだけ表示を許可する




この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ken2006.blog61.fc2.com/tb.php/47-e859cef4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)







09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Categories



Archives



Links

このブログをリンクに追加する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。