Think Aloud
日記がわりに日々思ったことなどを...
About

Author : Ken
 2002年に大阪から名古屋へ移住
 仕事も趣味も音楽関係...



Recent Entries

  • 音色拡張 (01/20)
  • 6カ月... (01/19)
  • 屋根裏/作業台 (07/05)
  • びっくり箱 (06/21)
  • 屋根裏/机 (06/20)
  • ティータイム (06/16)
  • 屋根裏/机 (06/15)
  • 屋根裏/塗装 (06/14)
  • ぴあの 大地に立つ (06/12)
  • 屋根裏改装 (06/11)



Recent Comments



Seach



Test Title
テスト表示
 :
 :
 :
 :
 :
ここまで



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【--/--/-- --:--】



修理完了
「ie4」、某ブラウザの古いバージョンのような名前ですが、私がここ数年ずっと愛用しているギターアンプです。
真空管7本全て変えたのが昨年のことだったので、回路かな..だと高くつくかなぁと心配していましたが、どうやらゲインのポットが通電不能状態に陥っていたらしく、該当するポットの交換のみで済みました。
ラック内に戻して配線を組みなおす時間が取れないのでとりあえずミキサーを通して音をチェック。

プリアンプ等 →「ADA Ampulator」→「RAMSA WZ9311」→ ミキサーへ

というのが私的定番なライン録音用セッティングなのですが、久々に弾いたせいか結構新鮮な感じで、しばらくこのセッティングで弾こうかと思いつつラックを置く場所をどうやって確保しようか考え中。

↓ 4重人格的性格の守備範囲の広いアンプです。


スポンサーサイト

【2006/06/26 10:15】



梅雨
ここ名古屋は昼過ぎからず〜っと雨が降っています。
いったい名古屋上空の大気の状態はどうなってるのだろうと心配になるくらい、いっこうに降り止む気配をみせません。
私が移住してくる数年前に東海豪雨といわれる大雨があって、妻が言うにはその時ほどの雨はそうそうないようですし、個人的に気分の落ち着く雨の日は好きなのですが、様々な被害の声を聞く前に降り止んで欲しいものです。

↓今はライブカメラで家にいながら川の様子を見ることができたりします。


【2006/06/16 00:39】



徹夜...
様々なことが今週にたて込んでついに昨夜は徹夜。
昔々は2日連続で徹夜...なんてことも何度もやってきましたが、さすがに30代後半ともなると年齢的に翌日に如実に響くようになってきます(笑)。
というわけで、気分転換に外食ついでに薬局に寄り、写真のブツを購入。
半信半疑ではあるものの早速飲んでみる。

と、飲んでから約5時間経過...

これがなかなか効いている。
さすがに眠気が完全になくなるわけではないし、気分爽快とはいかないものの、それでも前夜が完全徹夜にもかかわらず仕事を継続できるくらいの集中力は維持できる模様。
これなら現在作業中の仕事も今夜中にはなんとか目処がつくかな...。

↓「Mocha」



【2006/06/07 16:21】



暑い...
まだまだ夜はさわやかな風がここちよいものの、昼間はかなり温度が上がるようになってきました。

仕事の合間に冷たいものをグ〜ッと飲みたくなるのですが、今のお気に入りはこれ、クリスタルガイザーのスパークリングウォーター。
炭酸系の飲み物って結構好きなのですが、暑い季節になってくるとあの後味があま〜く口の中に残るのがイヤで夏はミネラルウォーターか日本茶が定番でした。
でもこのスパークリングウォーターならいくら飲んでも後味すっきり、ほんのり効いてるレモンの香りがまたいいんですねぇ、これが。
ペリエもいいんですが、あれは水やお茶がわりに飲むにはちょっと値段が高いし...。

さて、これで仕事もはかどる....かなぁ。

↓「Crystal Geiser Sparkring Water」



【2006/06/06 02:45】



ようやく6月...
忙しかった5月をなんとか乗り越えました、今週末は少しゆっくりできそうです。

真夜中、好きな音楽を聴きながら黙々とプログラムを組んでいる...そういう時間自体が結構好きだったりします。今、部屋で流れているのは...

↓「TAI PHONG/TAI PHONG」


我ながらちょっと懐かしすぎます...しかしあらゆるところで書き古されたとは言え、やはり名曲「Sister Jane」をはじめとする透明感のある楽曲群は今聴いても新鮮です。
オリジナルの発表が75年ですから当然個々の楽器の音質などは古っぽいのですが、逆にそれが生身の人間が演奏する楽器/声の集合体としての「音楽」の美しさや力強さを感じさせてくれます。このあたりは現在シーンの中心にある音楽が演奏者の顔やその存在すら伝えてくれないのと全く逆ですね、もちろん楽曲自体の良し悪しには関係のない話ですが.....。

しかし、真剣に聴いていると全然プログラミングがすすみません、ネットラジオでNBOX(注:カントリー音楽局です)でも流しておく方がいいかも(笑)...。


【2006/06/03 04:16】









05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Categories



Archives



Links

このブログをリンクに追加する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。